下関唐戸魚市場

会社案内

代表者挨拶GREETING

伝統の中にも 革新の炎を失うことなく先人の志を受け継ぐ。

代表取締役社長見原 宏

我が社は、戦後復興最中の昭和25年9月、関門海峡に面した唐戸市場において創業しました。その後、四半世紀を過ぎた昭和49年11月に、伝統あるふくの食文化を下関から全国へ、そしてアジアから世界へと発信することを目指し、ふくの一元集荷を目標に、ふく卸売部門を南風泊市場へと移転しました。平成17年8月には、鮮魚の集荷を強化するため下関漁港市場へ参入し、唐戸・南風泊・下関漁港の三市場を拠点に、仲卸業者・生産者・各地市場関係者など業界各位のご支援、ご協力のもと、ふくの本場下関の屋台骨として確固たる地位を築いて参りました。

近年、私どもでは冷蔵冷凍倉庫業のマルウオ冷凍冷蔵(株)、通関・船舶代理店業の(有)ブリッジ、水産加工業の(株)ハートフーズ21などの水産物卸売業に派生する新たな企業群を展開しております。また、ふくの贈答品、土産物小売業の(株)ふくの里、物販と飲食の商業施設、カモンワーフの管理運営を行う下関フィッシャーマンズワーフ(株)など、グループ企業の力を結集し、水産都市・下関のさらなる飛躍を目指しています。

目下、生産者においては、漁業資源の減少・後継者不足、仲卸業者においては、流通構造の大幅な変化や消費者ニーズの多様化、さらには食の安心、安全への対応といった様々な課題に直面しており、私ども業界は変革の渦中にあります。しかしながら、生産者・仲卸業者の皆様と共に、ひとつひとつの課題と真摯に向きあい、皆様の要望にお応えしていきます。我が社の看板商品であるふくに関しては、養殖物が主流となり、各地で取扱い条例が緩和されるなど、消費の裾野を広げふくの食文化をさらに根付かせる機会が訪れております。一方で高級魚としてのふくを守るために、天然物と養殖物の差別化を図り、下関ふくブランドの再構築をおこなって参ります。

水産都市・下関の市場形成が歴史的変化を遂げるなかで、その一翼を担うものとして、この機をグループ力発揮のチャンスと捉え創意と飛躍を期す決意です。私ども下関唐戸魚市場は、ここ南風泊市場に日本一のふく市場を築き上げた先人の志を受け継ぎ、伝統の中にも革新の炎を失うことなく水産業界発展のため邁進して参ります。

概要COMPANY PROFILE

創立 昭和25年9月6日
所在地 [南風泊市場]下関市彦島西山町4丁目11番39号
[下関漁港市場]下関市大和町1丁目16番1号
[唐戸市場]下関市唐戸町5番50号
資本金 1億円
取扱業務 ふく、その他一般海産物の受諾・買付販売及びこれらに関係する一切の業務
機構 [開設者]下関市(南風泊・唐戸)、山口県(下関漁港)

沿革COMPANY HISTORY

1950年(昭和25年) 9月6日 会社設立登記 代表取締役社長 浜坂末夫 就任
1958年(昭和33年) 5月 代表取締役社長 土谷多造 就任
1962年(昭和37年)   唐戸新市場5号上屋完成、市場移転
1973年(昭和48年) 1月1日 下関市地方卸売市場新条例施行
1974年(昭和49年) 11月16日 南風泊市場、ふくの卸売業務開始
1977年(昭和52年) 6月8日 代表取締役社長 小野英雄 就任
1978年(昭和53年) 2月28日 流通加工センター補足整備事業により、南風泊新市場竣工(活魚水槽130槽併設)
1980年(昭和55年) 9月8日 創立30周年記念式典挙行
1985年(昭和60年) 3月20日 水産物流通加工拠点整備事業により、南風泊活魚水槽増設、194槽規模へ
1988年(昭和63年) 12月21日 南風泊市場活魚センター竣工、活魚水槽104槽
1989年(平成元年) 9月1日 移動式FRP水槽40槽増設
1990年(平成2年) 9月5日 創立40周年記念式典挙行、同9月29日ふく銅像復元建立(亀山八幡宮境内)
1993年(平成5年) 7月1日 代表取締役社長 山田好章 就任
2000年(平成12年) 9月5日 創立50周年記念式典挙行
2001年(平成13年) 4月26日 新唐戸市場業務開始
10月1日 代表取締役社長 松村久 就任
11月1日 グループ会社 通関・船舶代理店業の(有)ブリッジが業務開始
2002年(平成14年) 4月24日 グループ会社、下関フィッシャーマンズワーフ(株)運営のカモンワーフが開業
2003年(平成15年) 3月1日 冷凍部が本格業務開始
10月3日 グループ会社 水産加工メーカー、(株)ハートフーズ21を設立、業務開始
2005年(平成17年) 8月29日 下関漁港市場へ入場、卸売業務開始
2010年(平成22年) 9月4日 創立60周年記念式典挙行
2013年(平成25年) 11月25日 代表取締役社長 原田光朗 就任
2016年(平成28年) 11月26日 代表取締役社長 見原 宏 就任

ふく歳時記

市場案内

水産都市・下関を担う三市場体制。下関ふくを看板に活鮮魚を一手に取り扱う。

南風泊市場HAEDOMARI

南風泊市場の場所を確認

我が社が本社機能を置く、日本で唯一のふく専門の卸売市場。市場開設者は下関市で、漁港管理は山口県です。取扱いの主力はもちろん天然物・養殖物のトラフクです。また、マフグやサバフクなどをはじめ、市場に流通するありとあらゆるふく類を取り揃えています。ふくの本場下関の名声を支えるとともに、全国のふく流通の拠点市場としての役割を担っています。
[住所]山口県下関市彦島西山町4丁目11番39号
[TEL]083-267-8181 [FAX]083-266-8256

唐戸市場KARATO

唐戸市場の場所を確認

我が社創業の地である唐戸市場では、主にハマチやタイなどの養殖魚を取扱っています。下関市が開設した唐戸市場は、関門海峡に面する好立地にあることから、市民の台所であると同時に観光市場にもなっており、週末の市場内は新鮮な魚介類や魚屋の出店する握り寿司の屋台を目当てに多くの観光客で賑わいます。
[住所]山口県下関市唐戸町5番50号
[TEL]083-223-8331 [FAX]083-231-4469

下関漁港市場SHIMONOSEKIGYOKOU

下関漁港市場の場所を確認

下関漁港市場は、もともと大型漁船の水揚げで賑わってきた全国屈指の大漁港です。農水省指定の全国に13ヶ所しかない特定第三種漁港のひとつで、市場開設者は山口県です。漁港市場では、近海物や沿岸物、山陰・九州をメインに全国から集荷する陸送物などを取扱う鮮魚市場として機能しています。
[住所]山口県下関市大和町1丁目16番1号
[TEL]083-261-5500 [FAX]083-261-5520

袋競りについて

南風泊市場のふくの競りは、全国でも類を見ない袋競りという珍しい方法で行われています。競り場では、筒状の黒い袋に片手を入れた競り人が仲卸人たちに囲まれて立ち、まず「エカエカ…」と掛け声を掛けます。「エカ」とは「いいか」の方言で「ええか」が縮まったもので、「用意はいいか」「場を締めていいか」といった意味合いで使われます。この掛け声に合わせ、ふくの買受を希望する仲卸人が袋の片方から順次手を差し入れ、握手するような格好で競り人の手指を握って希望額を伝えます。
指を一本握ると「一」を意味し、「五」までは順次握る指の本数を増やすことで表現されます。「六」以上は、まず指を一本握り、そのあと指を何本握って引くかによって示されます。基準となる単位は、その時の相場に応じてあらかじめ定められており、その単位に指の握りで示された数字を乗じたものが仲卸人の希望額ということになります。
この袋競りには、市場でしのぎを削る競争が、人間の手の触れ合いによって運ばれるという、きわめて人間的な側面をもっています。

  1. 指を1本握って[1]
  2. 2本握って[2]
  3. 3本握って[3]
  4. 4本握って[4]
  5. 手全体を握って[5]
  6. 指1本を握り、更に指を4本引くと[6]
  7. 指1本を握り、更に指を3本引くと[7]
  8. 指1本を握り、更に指を2本引くと[8]
  9. 指1本を握り、更に指を1本引くと[9]

例えば…

相場が10,000円で、8,000円で競り落としたい場合

グループ会社一覧

(株)ふくの里

ふくを中心に多数の贈答・土産品を販売。南風泊とカモンワーフ内にそれぞれ店舗を構え、週末や行楽シーズンには多くの観光客で賑わいます。また、インターネットによる通信販売も行っております。

(株)ふくの里のHPへ

マルウオ冷凍冷蔵(株)

南風泊水産加工団地の一角に構える冷凍冷蔵倉庫業です。
原料や製品の保管庫として、周辺の水産加工メーカーを支えています。

(有)ブリッジ

国際貿易港という特徴をもつ下関では、水産物や食品関係の輸出入が盛んに行われています。同業他社も多い中、業務に精通したスタッフが通関、船舶代理業を行います。またグループ会社の原料や製品輸入などの業務も支えています。

(有)ブリッジのHPへ

下関フィッシャーマンズワーフ(株)

関門海峡を一望できる唐戸町にある、商業施設「カモンワーフ」を運営する業務が主体です。 物販と飲食の店舗を多数抱え、唐戸周辺の観光の一翼を担っています。

下関フィッシャーマンズワーフ(株)のHPへ

(株)ハートフーズ21

「安心・安全を食卓に」をモットーに、水産加工品や冷凍惣菜品などを製造・販売しています。
現在はおせち商材が主力商品です。

(株)ハートフーズ21のHPへ

ページの先頭へ